経営課題解決

teb企業は常に課題をかかえています。課題とは、生じている問題の解消のためにすべきことです。また、問題があるとは、企業の ”現状” と ”あるべき姿” との間にギャップがあるということです。そのギャップの原因を特定して潰すことができれば、問題を解消して課題を達成(解決)することができます。課題解決は、”現状” と ”あるべき姿” を正しく認識するところから始まります。この最初の段階で間違うと、ギャップの認識を誤り、導いた解決策は大外しということになってしまいます。課題解決のためには、現状分析と目標設定がとても重要です。

営業力強化・販売促進

eig営業力を強化するために3つの視点があります。1つ目は、自社の強みを認識して、その強みで顧客のどんな課題を解決できるのかを明確にすることです。顧客は何を必要としているかを把握することが重要になります。2つ目は、営業活動のプロセスを標準化して属人的な営業から組織営業に変革することです。営業活動の進捗を見える化して組織として管理することで必要なときに的確な打ち手を打てるようになります。3つ目は、顧客とのコミュニケーションです。顧客に信頼され、商談を円滑に進めるために顧客との良好な関係性構築を計画します。

IT活用

keyITを活用した販売促進の重要性が増しています。WebやSNSで情報が簡単に共有されるようになって消費者の購買行動が変わりました。これまでは商品やサービスに興味を持ち、欲しいという欲求が高まると、そのまま購買につながっていました。現在のようにスマートフォンで手軽にインターネットに接続できる環境になってからは、購入する前にWebサイトやSNSで商品情報やユーザ-評価を確認し、他の商品と比較をしてから購入するという行動に変化しました。BtoCだけでなく、BtoBのビジネスにおいても、Web・SNSマーケティングへの取組みが重要になっています。

事業承継

shok中小企業経営者の平均引退年齢が高止まりしています。それにより、企業活力が低下し、廃業や倒産が増加することが懸念されています。事業承継は、後継者教育や地位の承継(経営の承継)だけではなく、経営理念や経営者の信用、人脈といった「知的資産の承継」と、自社株式や事業用資産の承継といった「資産(財産)の承継」にも取り組む必要があります。利害関係者との調整に手間取ったり、後継者の育成に時間を要するなど、事業を円滑に承継するためには5年~10年ほどかかることもあります。事業継続を確実に行うためには、早期に事業承継の準備に取りかかることが大切です。

セミナー・研修

sem人材は人財と言われます。少子化による生産年齢人口の減少のため従業員を簡単に採用できない現状では、今いる従業員を教育して戦力として強化していくことの重要性がさらに高まっています。また、経営者自身も制度改革やITを中心としたテクノロジーの変化に敏感になり、技術革新などの環境の変化を事業に取り込んでいくことが、事業を停滞させない大きな要素の一つとなっています。情報収集のアンテナを張り巡らせて最新の情報に触れる機会を逃さないことが重要です。

補助金申請

dent政府は、今後相次ぐ制度変更(働き方改革、社会保険適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)への対応のため、中小企業の生産性向上を継続的に支援していく計画です。そのために革新的な取組みを行うための設備投資や販路開拓、IT導入などへの補助金給付が計画されています。補助金を獲得するには、補助金を、単なる設備増強や更新ではなく、どのような革新的な取組みに活用してどのように成果をあげることができるのかを申請書で強く訴求する必要があります。